鋳造部屋ニューヤミュージックルーム五右衛門ルームラリールーム日常ルーム

前の記事  最近自分の意識がいい方向に向かってる10/14 次の記事
どうも毎度意味不明な挨拶をするGoemonです。
今回は自分でも驚くくらいの意識変化が起きてきたことを、書こうかなと思い超絶面白くもない記事を書きます。

本当に筋トレ始めてから1月くらいですかね?急に自分の中で「う~ん、このままじゃ何も変わらん」と本当に思い始めまして。
結局行動しなければ何も変わらんことを凄く感じたんですよね。

同じ能力値の人が同じ行動をしても、大きな差が生まれるのに、能力が無ければ余計に差が産まれる。
ならば行動力でカバーするしかない。
1回やって直ぐ成功するかもしれないし、1000回やって成功する人もいる。
結果はどちらも同じゴールになる。ただ過程で幸運が働いたか働かなかったかの違い。
所詮失敗した人の過程は誰も見向きもしない。成功した人の言葉だからこそ世界の偉人には説得力がある。
例え便所の水をすすって成功したとしても、その人の過程は意味があるように思える。

これだけは言える「運も実力の内だと」

だからと言って行動を投げ出したら何も変わらない。
弱音なら誰でも吐ける。僕だって無限に弱音を吐ける。
だけどそんなこと言ってたら何も変わらんし、いつまで経ってもただの凡人。
自分がとにかく前に進まなければ意味がない。
その場で足踏みしても、後ろを向いても、後ろ歩きをしても現状から何も変わらない。

常々思うが、過去を振り向くのは何か成し遂げたときに、自分の素晴らしさを感慨深く感じる時にしたらいい。
僕もたまに昔を振り返りそうになることがあるが、やはり前を見て進んでいかないと何も成長しない。
振り返って得られるのは、ただの虚しさだけ。

でも人間そんな強い生き物じゃないので、別に足踏みしても、後ろを向いても、後ろ歩きしてもいいと思う。
前に進む量が多ければそれでいい。

努力した先に待つのは運の壁。
これが一番大きい。努力なんてものを砕いてくれる。
ただ立ち止まる言い訳にはならない。

 
         
ページのTOPへ戻る TOPへ戻る