鋳造部屋ニューヤミュージックルーム五右衛門ルームラリールーム日常部屋

   
前の記事 鋳造の準備と今夜のディナーwith変態 part3 9/14 次の記事
更新日付を詐称すると連続で更新してるように見えて非常に楽と思っているGoemonです。
どうも更新したのは9/13です。どうせ過ぎたら関係ないので作成者の気分で日付が変わります。

今日は調理篇に入っていきます。特に面白い事は起きなかったので、適当にご覧あれ。
まず前回切り刻んだ材料をフライパンに入れて炒めていきます。
材料が大きいので、全体的に火を通すために蒸し焼きにしていきました。
いま画像を見て思いましたが、レンコンが大きすぎるw。完全に煮物用の大きさですね。
もっと細かく切るべきでした。味付けは肉みそみたいな味をイメージして作っていきました。


そしてキクラゲとたけのこを投入。
既に意味不明な感じになっちゃった☆

デデドン!!(絶望)
将軍様の音楽が聞こえてきそう。テーテーテテーテテーテーテーテーテーテー

※炒め物

どの方向から見ても炒め物です。例外は認めれらません。
また第三者から見た場合、
炒め物と認識されます。炒め物です。
この情報を伝えて、相手が理解した場合同じように
炒め物と認識されます。炒め物は常に存在しています。
味は・・・・・
炒め物です。至っておかしい点は見受けられません。
重要:炒め物と認識された者は、強制的に病院へ連行されます

結局味噌汁みたいな味付けになりました。まぁ硬かったですが、それなりに美味しかったです。


これGoemonが発言しだしたんですけど、見た目が凄く金玉袋で見た瞬間、骨髄反射で「金玉やん!」って言いました。
味に関しては、低クオリティでした。てか普通に味噌汁にした方が美味しかった・・・・
レンコンとサトイモが硬くて食べにくい笑
圧力鍋で20分煮込みたい!!!!!


まぁ鍋が出来たのでおさかな調理に入ります。こちらは非常にシンプルで、調理という調理はしておりません。
まず最初にしょうもない会話から始めましょう。

しゃけ「やいやい、この野郎俺様の綺麗な切り身を見てくれよ。素晴らしいだろ?」

G「いや~僕は皮が好きで、身より皮派なんだよ」

しゃけ「え?うそん。そんなことありえる?普通ありえへんやん。身の方が美味しいやん。本気でいうてんの?」


G「大体適当発言やで」

しゃけ「かなしいね」
こんがり焼けたところでお皿にドーン!

そしてフグもドーン!
おいしぃぃぃぃぃぃぃ!
また九州のフグ食べ放題に行きたい。めっちゃフグ好きなんですよ。
いつでもフグ待ってるので、是非Goemonの家に送ってください。

最後にししゃももドーン!あ~魚が美味しすぎるぅぅぅぅぅ
というか大体食べるので、殆ど美味しいです。

最後は完全に適当になりましたが、料理自体は中途半端な出来となりました。
まぁ楽しかったので良しとします。
そのうち魚を捌きたいと思います!!(妄想)

ps.擬音語を使う人、大体適当人間


         
ページのTOPへ戻る TOPへ戻る