前の記事    アルミ流し込み棒の加工・・・のみでサーセン10/15 次の記事
 
本当に久しぶりの更新でございます!執筆担当はGoemonでござーます。
作業はNewyamusicとGoemonの2人で実行です。

早速道具の紹介からいかせていただきます。

これ木の板とハンマーとバーナーしか使用していません。
バーナーは後程出てくると思います。

最初に万力で挟んで叩いていたのですが、あまりの硬さに断念しました。
なので木の板に体重約100kgのGoemonが載って、バーナーで炙りながらNewyamusicが叩きました。


これ第一段階ですがこの時ミスってしまって、先端から曲げていかなければいけないのに、奥から曲げてしまって2人で騒いでましたw


Goemon
なぁこれさ早速ミスってることない?
先端から曲げてかんと、直角になるでw

ほぁーーーーーーー
ほんまやんww
まぁ直角に頑張ってしよw

Newyamusic
という具合に超絶適当でしたw


何回か繰り返してようやく直角に曲がりました。
最後の方がくっそ硬くて、ハンマーで叩いてもびくともしませんでした。
ちなみに棒は真っ赤にしてからハンマーでばかすか叩きました。


一応先端から水は出ていたので、潰れてはないようです。
ただアルミが流れてくれるかは不明です。
このあたりは準備してからどうなるかですね。
もしかすると練炭コンロの中の温度で棒が溶ける可能性がありそうですね(;'∀')



Goemon
ふぁーーーーーーw
入らんのやけどwどうしたらいいんこれ??

ほんまやwww
あ、待ってその棒貸して

Newyamusic

と一瞬焦ったGoemonですが、Newyamusicがしっかりと入れてくれました。
というか普通に入れられましたw


斜めから入れたら全て解決しました。
お騒がせしてすみませんw


今日のファッション対決です。
てかnewyamusicの顔が面白かったのでめちゃくちゃ見てほしかったですw
本当に面白くてめっちゃ笑ってました。


ということで今回はここまで進みました。
本当にちょっとづつしか進んでいませんが、前進しているのでこれで良いのです。
これくらいの方がモチベが上がる。
今後は更新が週1に戻ると思われます。(適当なのでどうなるか分からない)

ということでまた次回お会いしましょう!!
 
         
ページのTOPへ戻る TOPへ戻る