前の記事  鋳造前夜祭(ボッチ)8/3 次の記事
 
アルミ缶切断と型取りが良い具合に進んでまいりました。進行具合を画像と解説と共にどうぞご覧あれ。

まずは失敗してから次の日に型取りした画像をご覧ください。
また画面右上に見えているのは
Goemonのパンツと豚足です。
こちら見た目では分かりませんが、辺が曲線になっており、削っても歪な形になったためMkⅠは観賞用と致しました。
型取りを簡単に見ていそこの君、型取り職人を舐めるなよ!
(自分は完全に舐め腐っていました)


次にアルミ缶切断の成果をご覧ください。
1日目の成果はこんな程度ですね。ちなみにハサミで側はザクザク切れるのでご安心を。
まず破片を溶かしてから、上下の蓋を入れようかなと思っています。
最初は凄く苦戦しました。ただ時間がたつとびっくりするぐらい簡単に切れるようになります。
切り方の画像が手元にないので、撮り次第うpしますね。


更に切断した画像がこちら。
上の鍋の画像だけだと量の変化が分かりにくいと思いますが、下の蓋を見てもらえば分かると思います。
ここまで来ると
無心で切ることができるので、精神に負担が掛からず非常に楽でした。
ちなみに切ってる時の金属音で
Goemonは頭痛がしてきたので、皆さんも注意してくださいね。(そもそも普通の人はやらん)


最後に型取りの成果。最初の奴がズタボロだったので
MkⅡを作成しました。
申し訳ないことにこちらも画像では分かりにくいのですが、非常に辺が綺麗に取れており、これなら鋳造も出来そうです。
明日に期待です。

 
         
ページのTOPへ戻る TOPへ戻る