前の記事  鋳造前夜祭part2 8/11 次の記事
 
今回は以前申し上げていた、缶の切り方と、その他もろもろ載せていきます。

まずは明日使用する物を紹介していきます。
今回鍋がアップデートされて、全て鉄になりました。アルミは以前固めた物プラスしてこれを溶かします。
缶を切っていて思いましたが、切っていると頭痛がしますね。以前も同じこと言っていましたが、自分の中では環境のせいかなと思っていたので原因が判明して良かったです。

また既に鍋がボロボロになってしまっているのは、
Goemonが鍋に紙粘土を入れて水を入れて一晩置いたら錆だらけになったので燃焼当日に猛火力で全て焼きます。



ちなみに型をまた作成して、
MkⅢを作成したのでご覧ください。ちなみに以前より見た目は汚いです。
今までは横に置いて石膏を流し込んでいましたが、今回は縦に置いて流し込んでみました。革新的でしょ?
これが後に引き継がれる
イノベーションである。(横文字を使いたかった)

まぁ明日の流し込みで機能を発揮してくれると思うので楽しみにしています。
最後に缶の切り方を載せておさらばします。

用意する物
缶は親が飲んだお酒や、自分で飲んだジュースの缶を残しておきましょう。但しスチール缶は切れません。ご注意ください。
ハサミはそれなりに良いものを購入したほうが切りやすくて楽だと思います。



次に切る順序です。
最初にハサミの片方をぶっさしてから切ると楽に切れます。
上蓋が切れたら次に本体です。これは見て分かるように、
らせん状に切っていきます。
この後に
縦に切って破片にしていきます。
暫く切断したのがこちらです。
慣れるとすぐ切れるようになるので楽です。
ただくっそつまらないので病まないように気を付けてください。Goemonは既に病みそうです。

明日の鋳造本番で結果を残してきます。ではさらば!!。


 
         
ページのTOPへ戻る TOPへ戻る